東京都知事選 — 政権混乱の引き金に?

今日の永田町では、平素にも増して来月9日に行われる東京都知事選挙に注目が集まった。報道によると、細川護煕元首相が、反原発を掲げて出馬を検討している。今日付の日経新聞は、細川氏は小泉純一郎元首相の応援が確定次第、出馬表明をすると掲載。細川氏は、一昨年の東北大震災以来、反原発の声をあげており、小泉氏も原発反対を最近表明している。

 両者の接近は、安倍首相と自民党が警戒すべき動きである。おりしも自民党の東京都連が元厚生労働省大臣の舛添要一氏の擁立を決定したばかりであり、民主党からの応援も期待されていた。しかし、細川・小泉両氏が組むことにより、民主党が細川氏の擁立にまわった上、安倍政権としては避けたい反原発が選挙の争点となる恐れがある。

www.nikkei.com/article/DGXNASFS0902J_Z00C14A1PP8000/