「骨太の方針」原案を発表

日本政府は、経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)の原案を昨日公表しました。基礎的財政収支(プライマリーバランス)をこれまでの目標より5年遅い2025年度に黒字化するとした他、人手不足に対応するための外国人労働者の受け入れビザ拡大、高等教育の授業料の無償化、長時間労働を是正する働き方改革などがもり込まれています。同方針は、今月中旬に閣議決定される予定です。原案は内閣府のウェブサイトよりご覧頂けます。