Insights | GR Japan ニュース

International Policy Forum Hybrid Webinar with Shingo Miyake and Naoya Yoshino: Political Outlook for 2022

GR Japan held its first International Policy Forum of 2022 on 17 January, welcoming Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs Shingo Miyake and Chief Political Editor of Nikkei, Naoya Yoshino, who shared their outlook on Japanese politics for 2022.  The event was hosted by GR Japan’s Jakob Edberg and Erika Negishi Bulach.

What Kishida’s “New Capitalism” means for the Japanese economy

International Policy Forum Webinar with Takuma Ohamazaki: Prospects of the upcoming House of Representatives election

GR Japan welcomed Mr. Ohamazaki, one of Japan’s most respected election analysists to the International Policy Forum Webinar on 29 October.  Mr. Ohamazaki shared his latest predictions of the results of the House of Representatives election on 31 October, based on IT and big data.  He also shared valuable insights on the current political geography of Japan.  The webinar was hosted by GR Japan’s CEO & President, Jakob Edberg and Analyst, Erika Negishi Bulach.

Predictions for the 2021 House of Representatives Election

International Policy Forum Webinar with Gaku Hashimoto: Future of Japan’s drug development capabilities

GR Japan welcomed House of Representatives member and former State Minister for Health, Labour and Welfare Gaku Hashimoto to the International Policy Forum webinar on 4 August.  Mr. Hashimoto, who currently serves as the chair of the LDP’s Project Team on Strengthening Drug Development Capabilities, shared valuable insights into the future of drug development capabilities and the pharmaceutical industry in Japan.  The webinar was hosted by GR Japan’s CEO & President Jakob Edberg and Analyst Erika Negishi Bulach.

社内刊行誌「GR Times」の特別号を公開いたします。

本2020年、GR Japan株式会社は、2010年から創業10周年を迎えることができました。
この記念すべき年の最後に、社内刊行誌「GR Times」の特別号を公開いたします。
本誌では、GR Groupの多様性と知見の深さを生かし、世界の最新政治動向の分析から、同僚やクライアントへのインタビューまで、幅広いトピックをカバーしております。
弊社は、次なる10年での新たな挑戦に向け、GR Japanの企業精神を皆様と共有したいと考えています。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ!​

GR JapanとGR Groupが、在日英国商業会議所のオフィシャル雑誌「BCCJ ACUMEN」に取り上げられました。

GR JapanとGR Groupが、在日英国商業会議所のオフィシャル雑誌「BCCJ ACUMEN」に取り上げられました。"Government Relations Powerhouse"と題する記事では、GR Japanが日本最良のガバメント・リレーションズ企業に成長してきた過去10年にわたる軌跡や、GR Groupのエキスパート達がこれまで政府の政策や意思決定において活躍してきた経験と専門性などが紹介されています。こちらのリンクから記事全文をご覧いただけます。https://lnkd.in/gKKrQ6P

SPECIAL SEMINAR ON POLICY DIRECTIONS FOR JAPAN’S NEW PRIME MINISTER (WEBINAR)

On 18 September, former Japanese Deputy Minister for Foreign Affairs Ambassador Koji Tsuruoka, GR Japan’s CEO & President Jakob Edberg, and Executive Director of the GR Group in Washington D.C. Jim Fatheree spoke about the prospects and challenges facing newly appointed Prime Minister Yoshihide Suga, Japan’s first new prime minister in nearly eight years. 

Challenges and priorities for the new PM

GR Japan株式会社は、2020年で創業10年を迎えます。

GR Japan株式会社は、2020年で創業10年を迎えます。10周年を記念し、弊社の共同創業者であるヤコブ・エドバーグとフィリップ・ハワードは、ACCJジャーナルのインタビューに応えました。2人の小さな会社から70人超の専門家集団へと急成長を遂げた、10年の軌跡を振り返っています。

インタビューの中で、エドバーグとハワードは、ガバメント・リレーションズの概念を日本で確立していくことへの挑戦、政府関係者と民間企業・組織の間の対話を効果的に推進した成功事例や、どのように多様性豊かで専門性の高い人材の集まる企業に成長してきたかについて、語っています。
現在、GR Groupは、東京、大阪、ソウル、ワシントンDC、そしてロンドンに拠点を展開しており、世界最良のガバメント・リレーションズ企業になることを目指しています!

【インタビュー記事詳細】
https://journal.accj.or.jp/connect-and-engage/

前駐英国日本大使の鶴岡公二氏がGR Groupのシニア・アドバイザーに就任しました

GR Japan株式会社は、この度、前駐英国日本大使である鶴岡公二氏が、当社とGR Groupのシニア・アドバイザーに就任したことをお知らせします。

鶴岡大使は43年間にわたり外務省で活躍し、日本外交において数々の功績を残してきました。大使は、外務審議官(経済担当)としてG7とG20で首脳個人代表を務め、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉では、首席交渉官として日本を代表し、同協定の成立に貢献しました。また、GATTウルグアイ・ラウンドでも、サービス分野の首席交渉官として、世界貿易機関(WTO)の設立に尽力しています。外務省では、地球規模課題審議官、国際法局長、総合政策局長等の重職も歴任し、国際法、政治安全保障や国際経済交渉に長年関与してきました。

鶴岡公二大使:

「GR Japanの有能なプロフェッショナルチームとともに日本政府との建設的なエンゲージメントをサポートすることを楽しみにしております。特にセクター横断的なアプローチに基づく質の高い民間部門からのインプットにより、日本政府に貢献できると確信しております。」

ヤコブ・エドバーグ (GR Japan株式会社 代表取締役社長):

GR GROUP RESPONSE TO COVID-19

With offices in Tokyo, Osaka, Seoul, Washington D.C. and London, the GR Group has been working to support employees and clients through the COVID-19 crisis.

To date, there have been no cases of COVID-19 diagnosed among our staff.

The company advised all staff on 24 February to seek medical advice and stay at home if they experienced symptoms consistent with COVID-19.  Staff were encouraged to adjust working hours to avoid commuting during rush-hours and were advised to postpone all non-essential travel.

ページ