Report 「漁業収入安定対策事業に関する論点」

静岡県 由比漁港桜えび漁船の出港

GR Japanでは日本の漁業の持続可能な発展を目指して、日本国内の水産政策にまつわる政策提言活動を行なっています。2018年12月の漁業法改正により新たな資源管理システムの構築が決定され、今後、資源管理に取り組む漁業者の経営安定を図るため、漁業収入安定対策事業の法制化が予定されています。そこで本事業の法制化にあたっての論点を添付のレポートにまとめました。なお、主な論点は、1)漁業補助金のあり方、2)経営への影響、3)水産資源への影響であると考えます。

掲載画像: 静岡県 由比漁港桜えび漁船の出港 © AyaKatase クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)

 

 

 

 

 

 

 

 

Attached Files

添付サイズ
PDF アイコン 漁業収入安定対策事業に関する論点1.44 MB