最新トピックス

採用情報 (募集終了)

GR Japanでは、日英バイリンガルの環境政策アナリストパブリック・アフェアーズ/公共政策メディア担当を募集しています。

詳細および応募については、以下のリンクをご覧ください。

 

GR Japan代表取締役社長 エドバーグの記事がACCJ Journalに掲載されました

GR Japanの代表取締役社長 ヤコブ・エドバーグが日本におけるパブリック・アフェアーズについて執筆した記事が、ACCJ Journalの今月号に掲載されました。同記事では、現在会期中の国会とTPPをめぐる攻防についての見通しにも触れています。記事全文は以下のリンクよりご覧いただけます(英語のみ)。

イベントのお知らせ: 違法漁業に関する国際シンポジウム

国際シンポジウム「違法漁業から水産資源・水産業を守る 〜欧米の対策紹介と日本の取組み〜」

日時: 2016年11月10日(木)16:00〜17:45(15:30受付開始)
会場: 衆議院第一議員会館地下1階 大会議室(東京都千代田区永田町2-2-1)
最寄駅: 国会議事堂前(東京メトロ千代田線、丸ノ内線)
参加費: 無料(事前登録制)
お申込み: 11/7(月)までにイベントウェブサイトからお申し込みください。

追加講演者決定! GR Japan 企業戦略としての政策提言活動セミナー

先日ご案内した11月1日開催の「企業戦略としての政策提言活動セミナー」へ、ランスタッド株式会社執行役員 パブリックアフェアーズ本部本部長で日本生産技能労務協会の副理事長を務める青木秀登氏にご登壇いただけることとなりました。青木氏には、日本政府へ対する渉外活動のご経験や取り組みを中心にご講演いただく予定です。最新の式次第は添付をご覧下さい。

GR Japan "企業戦略としての政策提言活動セミナー"を11/1に開催

GR Japanでは昨年に続き、企業における政策提言活動をテーマとしたセミナーを11月1日(火)に開催します。

英国のEU離脱やTPP協定の発効など国際通商ルールを取り巻く環境が大きく変化しつつあることや、イノベーションに向けた新たなビジネスを模索する中で旧来的な法制度がネックになることなど、政府の活動や政策の方針にどう対峙するかが大きなビジネス課題になっています。そうした中、日本においても欧米と同様、企業が積極的に政策提言活動に関わっていくことが競争を勝ち抜くビジネス戦略の鍵となりつつあります。同セミナーでは、経済産業省 通商政策局 通商戦略室長 兼 大臣官房グローバル経済室長の西川和見氏、ブリュッセルに本社をおく政府渉外コンサルタントのインテレル・グループ代表取締役社長であるフレデリック・ロフトへーゲン氏等を招き、国内外での事例と政府の支援や取組みについて紹介しながら、企業成長に貢献する政府提言活動について解説をいたします。

<開催概要>

日時: 2016年11月1日(火)午前9時〜午後12時半(午前8時半開場)

場所: 東京ガーデンテラス紀尾井町4F 紀尾井カンファレンス

臨時国会: 安倍首相の所信表明演説全文

9月26日(月)に開会した臨時国会で、安倍首相が行った所信表明演説の全文が首相官邸のウェブサイトへ掲載されました。全文は、以下のリンクをご覧ください。
 

民進党 蓮舫氏を新党首に選出

民進党は本日午後行われた臨時党大会で、蓮舫氏を新党首に選出しました。早々と出馬を表明した蓮舫氏は、追って立候補した前原誠司元民主党党首・元外相と玉木雄一郎衆議院議員を常にリードし、約6割の票を獲得。最近では、父親の出身地である台湾の国籍を保有したままであることが問題視され、失速が報じられましたが、2候補を大きく離した勝利となりました。詳細は、以下のリンクより日経新聞の記事を御覧ください。

GR Japan プレゼンテーション - 参院選結果の分析と民進党首選及び臨時国会の展望

自由民主党総裁特別補佐で衆議院議員の西村康稔先生をお迎えして開催した昨日のIPF朝食会において、GR Japan代表取締役のヤコブ・エドバーグが参院選の結果分析と民進党首選および臨時国会の展望についてプレゼンテーションを行いました。スライドは以下のPDFファイルでご覧頂けます(英語のみ)。

臨時国会 9月26日に召集

政府と自民党は、次の臨時国会を9月26日(月)に召集することで合意しました。米国大統領選の前にTPPの国会承認を求める議案成立を目指すなど多くの法案審議があることから、安倍首相は9月中旬の召集を望んでいると伝えられていました。しかしながら、第一野党である民進党の党首選が9月15日になり、円滑な国会運営を考慮し、後ろ倒しを決定したようです。詳細は、以下のリンクより、日本経済新聞の記事を御覧ください。

内閣改造: 全閣僚決定

NHKの報道によると、安倍首相は新内閣の全閣僚を決めた模様です。当初は大幅な刷新が伝えられていましたが、菅官房長官や麻生財務大臣などの留任が早々に決まり、変更は10ポストにとどまりました。初入閣8人のうち稲田朋美自民党政調会長の防衛大臣就任は海外、特に中国・韓国で大きな注目を集めています。正式な内閣発表は本日夕方に行われる予定です。詳細は以下のNHKウェブサイトへのリンクよりご覧いただけます。新内閣の大臣名簿は添付をご参照ください。

 

 

ページ