最新トピックス

小池新知事 都政大改革を推進

7月31日の東京都知事選挙で勝利を収めた小池百合子氏は、本日都庁にて就任会見を行い、公約に掲げていた情報公開や透明性、2020年の東京オリンピック予算検証など、都政の大幅な改革に取り組む考えを示しました。会見の詳細は、以下の産経新聞へのリンクより御覧ください。

参議院 最新各党議席数一覧

参議院は、7月10日に行われた選挙結果を受け、最新の会派別所属議員一覧表を発表しました。以下にリンクされている参議院ウェブサイトより御覧いただけます。また、GR Japanでは、選挙前後の各党議席数を含めた比較チャートを作成いたしました。合わせて添付をご参照ください(英語のみ)。

オフィス移転のお知らせ

GR Japanは 業務の拡張に伴い 7月25日より 3階から中2階へオフィスを移転いたしました。同じビル内の移転のため所在地や電話およびファックス番号に変更はございません。これを機にさらに業務の充実を図り、皆様のご期待に添えますよう、一層の努力を重ねてまいる所存です。今後とも倍旧のご支援、ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。新住所は、以下のリンクよりご覧下さい。

夏季 政府関連主要イベント予定

今夏に予定されている主な政府関連のイベントをまとめました。詳細は、以下の添付スケジュールを御覧ください。

内閣改造 半数近くが交代か

安倍首相は、8月1日から開催される臨時国会中に、内閣改造をする意向を固めたようです。先日の参議院選挙における勝利を受け、強力な経済政策を進める上で力強い新たな布陣を組みたい、と首相が発言したことから、19閣僚の半分程が交代することもあり得ると、報じられています。詳細は、読売新聞の記事をリンクよりご参照ください。

自民党 参院でも単独過半数獲得

報道によると、元復興大臣で参議院議員(無所属)の平野達男氏が、本日7月13日に自民党へ入党届を提出しました。これにより、自民党は1989年以来27年ぶりに衆参両議院において単独過半数を得ることとなり、連立する公明党の支持なしでも、安倍首相の掲げる経済対策をはじめとした政策および改憲の実行が可能となります。詳細は、日経新聞の記事を以下のリンクよりご覧下さい。

自公連立が過半数確保 - 2016年参院選挙

安倍晋三首相は、昨日7月10日の参院選投票結果を受け、自民党と公明党の連立与党の勝利を宣言しました。自公連立与党で過半数を取り、自民党が単独で半数議席を得た今回の結果は、GR Japanの分析予想と非常に近いものとなりました。自公連立の勝利は、政府が今後アベノミクスおよび改憲などの政策を議論する際に、大きな影響をもたらすと予想されます。また、安倍首相は8月上旬に内閣改造を実施する旨を発表しました。その他の分析などは、以下のリンクにある日経新聞の記事をご参照ください。

 

GR Japanプレゼンテーション:2016参院選分析および予想

GR Japanが6月28日に開催した "IPF 2016 House of Councillors Election Special" において、代表取締役社長のヤコブ・エドバーグが今回の参議院選挙について講演いたしました。弊社の選挙分析と予測を含むプレゼンテーションは、以下の添付からご覧ください。(英語のみ)内容についてのお問い合わせ等は、info [at] grjapan [dot] comまでお願いいたします。

英EU離脱, 日本政府10兆円超の経済対策を検討

イギリスのEU離脱派勝利を受け、安倍首相は市場の安定にあらゆる手段をとると発表し、本朝には日銀と大臣の緊急会合を開催しました。また、日本政府は、金融市場の混乱が長期化した場合に備え、今秋に予定されている経済対策を10兆円以上とすることを検討し始めています。詳細は、以下の6月26日付読売新聞記事よりご覧ください。

2016年参議院選スタート

第24回参議院選挙が昨日6月22日に公示されました。389人の候補者が、参院の半数121議席をめぐり、7月10日の投票日まで戦いを繰り広げます。安倍首相はこの選挙の最大のテーマを経済としており、与党がアベノミクスの成功を強調する一方、野党は好景気の恩恵が平等に行き渡っていない点を訴え、選挙初日をスタートしました。詳細は以下のリンクにある日本経済新聞記事をご参照ください。

ページ